第2回Twitter文学賞

投票期間:2012年2月4日~2月12日

国内部門(有効投票数:584)

★1位★ 50票

津原泰水『11 eleven』(河出書房新社)

★2位★ 35票

今村夏子『こちらあみ子』(筑摩書房)

★3位★ 29票

円城塔『これはペンです』(新潮社)

★4位★ 28票

多和田葉子『雪の練習生』(新潮社)

★5位★ 22票

三浦しをん『舟を編む』(光文社)

★6位★ 20票

津村記久子『ワーカーズ・ダイジェスト』(集英社)

★7位★ 19票

小川洋子『人質の朗読会』(中央公論新社)

★8位★ 17票

高野和明『ジェノサイド』(角川書店)

★8位★ 17票

金原ひとみ『マザーズ』(新潮社)

★9位★ 16票

堀江敏幸『なずな』(集英社)

★10位★ 14票

北野勇作『きつねのつき』(河出書房新社)

★11位★ 12票

☆青木淳悟『私のいない高校』(講談社)


★12位★ 11票

☆大島真寿美『ピエタ』(ポプラ社)


★13位★ 10票

☆川上未映子『すべて真夜中の恋人たち』(講談社)


★14位★ 8票

☆木下古栗『いい女vs.いい女』(講談社)

☆綿矢りさ『かわいそうだね?』(文藝春秋)


★15位★ 6票

☆麻耶雄嵩『メルカトルかく語りき』(講談社)

☆月村了衛『機龍警察 自爆条項』(早川書房)

☆古川日出男『馬たちよ、それでも光は無垢で』(新潮社)


★16位★ 5票

☆三島浩司『ダイナミックフィギュア』(早川書房)

☆宮沢章夫『ボブ・ディラン・グレーテスト・ヒット第三集』(新潮社)


★17位★ 4票

☆山田詠美『ジェントルマン』(講談社)

☆桜庭一樹『ばらばら死体の夜』(集英社)

☆西崎憲『ゆみに町ガイドブック』(河出書房新社)

☆沼田まほかる『ユリゴコロ』(双葉社)

☆平山夢明『或るろくでなしの死』(角川書店)

☆西加奈子『円卓』(文藝春秋)

☆木内昇『笑い三年、泣き三月』(文藝春秋)

☆玉袋筋太郎『新宿スペースインベーダー 昭和少年凸凹伝』(武田ランダムハウスジャパン)

☆磯崎憲一郎『赤の他人の瓜二つ』(講談社)

☆辻村深月『本日は大安なり』(角川書店)

☆乾石智子『夜の写本師』(東京創元社)

☆高橋源一郎『恋する原発』(講談社)


★18位★ 3票

☆辻村深月『オーダーメイド殺人クラブ』(集英社)

☆朝吹真理子『きことわ』(新潮社)

☆篠田節子『はぐれ猿は熱帯雨林の夢を見るか』(文藝春秋)

☆江波光則『パニッシュメント』(小学館)

☆福永信『一一一一一』(河出書房新社)

☆杉作J太郎『応答せよ巨大ロボット、ジェノバ』(扶桑社)

☆有川浩『県庁おもてなし課』(角川書店)

☆田中啓文『罪火大戦ジャン・ゴーレ1』(早川書房)

☆髙田郁『心星ひとつ みをつくし料理帖』(角川春樹事務所)

☆朝井リョウ『星やどりの声』(角川書店)

☆宮下奈都『誰かが足りない』(双葉社)

☆間宮緑『塔の中の女』(講談社)

☆絲山秋子『末裔』(講談社)

☆恩田陸『夢違』(角川書店)


★19位★ 2票

☆伊集院静『いねむり先生』(集英社)

☆森田季節『エトランゼのすべて』(講談社)

☆町田康『ゴランノスポン』(新潮社)

☆犬村小六『サクラコ・アトミカ』(講談社)

☆佐々木中『しあわせだったころしたように』(河出書房新社)

☆柴崎友香『ビリジアン』(毎日新聞社)

☆江波光則『ペイルライダー』(小学館)

☆万城目学『偉大なる、しゅららぼん』(集英社)

☆中村文則『王国』(河出書房新社)

☆乾緑郎『完全なる首長竜の日』(宝島社)

☆瀬名秀明『希望』(早川書房)

☆恒川光太郎『金色の獣、彼方に向かう』(双葉社)

☆西村賢太『苦役列車』(新潮社)

☆津村節子『紅梅』(文藝春秋)

☆樋口毅宏『雑司ヶ谷R.I.P.』(新潮社)

☆架神恭介『戦闘破壊学園ダンゲロス』(講談社)

☆小林泰三『天獄と地国』(早川書房)

☆小川一水『天冥の標V: 羊と猿と百掬の銀河』(早川書房)

☆池上永一『統ばる島』(ポプラ社)

☆戌井昭人『俳優・亀岡拓次』(フォイル)

☆乙一『箱庭図書館』(集英社)

☆梨木香歩『僕は、そして僕たちはどう生きるか』(理論社)

☆歌野晶午『密室殺人ゲーム・マニアックス』(講談社)

☆朱川湊人・笹公人『遊星ハグルマ装置』(日本経済新聞出版社)

☆白石一文『翼 (テーマ競作小説「死様」) 』(光文社)

☆花村萬月『裂』(講談社)


★20位★ 1票

☆矢作俊彦・司城志朗『ARAKURE あらくれ』(早川書房)

☆ファンタジーセラー編集部『Fantasy Seller』(新潮社)

☆三羽省吾『Junk』(双葉社)

☆松崎有理『あがり』(東京創元社)

☆籾山市太郎『アッティラ!』(光文社)

☆南房秀久『アリス・イン・ゴシックランド 霧の都の大海賊』(角川書店

☆遠田潤子『アンチェルの蝶』(光文社)

☆越谷オサム『いとみち』(新潮社)

☆似鳥鶏『いわゆる天使の文化祭』(東京創元社)

☆矢作俊彦『エンジン/ENGINE』(新潮社)

☆京極夏彦『オジいサン』(中央公論新社)

☆宮部みゆき『おまえさん』 (講談社)

☆大崎梢『キミは知らない』(幻冬舎)

☆法月綸太郎『キングを探せ』 (講談社)

☆中田永一『くちびるに歌を』(小学館 )

☆中島たい子『ぐるぐる 七福神』(マガジンハウス)

☆森絵都『この女』(筑摩書房)

☆近藤史恵『サヴァイヴ』(新潮社)

☆荒山徹『シャクチ』(光文社)

☆よしもとばなな『ジュージュー』(文藝春秋)

☆よしもとばなな『スウィート・ヒアアフター 』(幻冬舎)

☆籘真千歳『スワロウテイル/幼形成熟の終わり』(早川書房)

☆森奈津子『セクシーGメン 麻紀&ミーナ』(徳間書店)

☆貴志祐介『ダークゾーン』(祥伝社)

☆原田マハ『でーれーガールズ』(祥伝社)

☆山本弘『トワイライト・テールズ』(角川書店)

☆堀井拓馬『なまづま』(角川書店)

☆山崎ナオコーラ『ニキの屈辱』(河出書房新社)

☆本谷有希子『ぬるい毒』(新潮社)

☆村田沙耶香『ハコブネ』(集英社)

☆橋本紡『葉桜』(集英社)

☆田中啓文『ハナシはつきぬ!笑酔亭梅寿謎解噺5』(集英社)

☆秋田禎信『ハンターダーク』(ティー・オーエンタテインメント)

☆宮部みゆき『ばんば憑き』(角川書店)

☆大森兄弟『まことの人々 』(河出書房新社)

☆東野圭吾『マスカレード・ホテル』(集英社)

☆遠野りりこ『マンゴスチンの恋人』(小学館)

☆桜木紫乃『ラブレス』 (新潮社)

☆京極夏彦『ルー=ガルー2 インクブス×スクブス 相容れぬ夢魔』(講談社)

☆中島さなえ『ルシッド・ドリーム』(講談社)

☆日向まさみち『ロンリー・コンバット!』 (角川書店)

☆海猫沢めろん『愛についての感じ』(講談社)

☆浅田次郎『一刀斎夢録』(文藝春秋)

☆萩尾望都『音楽の在りて』(イースト・プレス)

☆川崎徹『会話のつづき ロックンローラーへの弔辞』(講談社)

☆松井今朝子『吉原十二月』(幻冬舎)

☆西加奈子『漁港の肉子ちゃん』(幻冬舎)

☆奥泉光『桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活』(文藝春秋)

☆森晶麿『黒猫の遊歩あるいは美学講義』(早川書房)

☆森見登美彦『四畳半王国見聞録』(新潮社)

☆乾ルカ『四龍海城』(新潮社)

☆奥田英朗『純平、考え直せ』(光文社)

☆井沢元彦『小説 友情無限 孫文を支えた日本男児』(角川書店)

☆野崎まど『小説家の作り方』(アスキー・メディアワークス)

☆吉川トリコ『少女病』(光文社)

☆伊東潤『城を噛ませた男』(光文社)

☆宇江佐真理『心に吹く風―髪結い伊三次捕物余話』(文藝春秋)

☆綾辻行人『深泥丘奇談・続』(メディアファクトリー)

☆大沼紀子『真夜中のパン屋さん』(ポプラ社)

☆川上弘美『神様 2011』(講談社)

☆盛田隆二『身も心も(テーマ競作小説「死様」) 』(光文社)

☆深水黎一郎『人間の尊厳と八〇〇メートル』(東京創元社)

☆角田光代『曾根崎心中』(リトル・モア)

☆牧野修『大正二十九年の乙女たち』 (アスキー・メディアワークス)

☆柚木麻子『嘆きの美女』(朝日新聞出版)

☆遠野浩平・荒木飛呂彦『恥知らずのパープルヘイズ―ジョジョの奇妙な冒険より―上』 (集英社)

☆小川一水『天冥の標IV: 機械じかけの子息たち』(早川書房)

☆瑞智士記『展翅少女人形館』(早川書房)

☆鯨統一郎『努力しないで作家になる方法』(光文社)

☆柴田哲孝『冬蛾』(祥伝社)

☆柴崎友香『虹色と幸運』(筑摩書房)

☆見沢知廉『背徳の方程式―MとSの磁力』(アルファベータ)

☆岸田るり子『白椿はなぜ散った』(文藝春秋)

☆西澤保彦『彼女はもういない』(幻冬舎)

☆絲山秋子『不愉快な本の続編』(新潮社)

☆かじいたかし『僕の妹は漢字が読める』(ホビージャパン)

☆太田忠司『無伴奏』(東京創元社)

☆古野まほろ『命に三つの鐘が鳴る Wの悲劇'75』(光文社)

☆積緋露雪『幽閉、若しくは彷徨 第1部』(鳥影社)

☆乾ルカ『六月の輝き』(集英社)

☆西條奈加『涅槃の雪』(光文社)

☆勝見洋一『餞』(幻戯書房)

海外部門(有効投票数:475)

★1位★ 43票

ジュノ・ディアス『オスカー・ワオの短く凄まじい人生』都甲幸治、久保尚美訳(新潮社)

★2位★ 41票

ジョナサン・サフラン・フォア『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』近藤隆文訳(NHK出版)

★3位★ 37票

フェルディナント・フォン・シーラッハ『犯罪』酒寄進一訳(東京創元社)

★4位★ 22票

サルバドール・プラセンシア『紙の民』藤井光訳(白水社)

★5位★ 18票

インドラ・シンハ『アニマルズ・ピープル』谷崎由依訳(早川書房)

★6位★ 14票

ケイト・モートン『忘れられた花園』 青木純子訳(東京創元社)

★6位★ 14票

パオロ・バチガルピ『ねじまき少女』田中一江、金子浩訳(早川書房)

★6位★ 14票

イアン・マキューアン『ソーラー』村松潔訳(新潮社)

★7位★ 13票

デイヴィッド・ゴードン『二流小説家』青木千鶴訳(早川書房)

★8位★ 12票

アンソニー・ドーア『メモリー・ウォール』岩本正恵訳(新潮社)

★8位★ 12票

ジョージ・ソーンダーズ『短くて恐ろしいフィルの時代』岸本佐知子訳(角川書店)

★8位★ 12票

エリック・マコーマック『ミステリウム』増田まもる訳(国書刊行会)

★9位★ 11票

チャイナ・ミエヴィル『都市と都市』日暮雅通訳(早川書房)

★9位★ 11票

マリオ・バルガス=リョサ『チボの狂宴』 八重樫克彦、八重樫由貴子訳(作品社)

★10位★ 9票

ジェイムズ・エルロイ『アンダーワールドUSA』 田村義進訳(文藝春秋)

★10位★ 9票

カルロス・バルマセーダ『ブエノスアイレス食堂』柳原孝敦訳(白水社)

★11位★ 8票

☆ジョン・アーヴィング『あの川のほとりで』小竹由美子訳 (新潮社)

☆スティーヴ・ハミルトン『解錠師』越前敏弥訳(早川書房)


★12位★ 7票

☆ウィリアム・コッツウィンクル『ドクター・ラット』 内田昌之訳 (河出書房新社)


★13位★ 6票

☆莫言『蛙鳴』吉田富夫訳(中央公論新社)


★14位★ 5票

☆オラフ・オラフソン『ヴァレンタインズ』岩本正恵訳 (白水社)

☆ケヴィン・ブロックマイヤー『第七階層からの眺め』金子ゆき子訳(武田ランダムハウスジャパン)

☆フェルナンド・バジェホ『崖っぷち』久野量一訳(松籟社)

☆トム・フランクリン『ねじれた文字、ねじれた路』伏見威蕃訳(早川書房)


★15位★ 4票

☆エベリオ・ロセーロ『顔のない軍隊』八重樫克彦、八重樫由貴子訳 (作品社)

☆サルマン・ルシュディ『ムーア人の最後のため息』寺門泰彦訳(河出書房新社)

☆ウラジーミル・ナボコフ『ローラのオリジナル』若島正訳(作品社)

☆サミュエル・R・ディレイニー『ダールグレン』 大久保譲訳(国書刊行会)

☆グレッグ・イーガン『プランク・ダイヴ』鷲尾直広訳(早川書房)

☆グレゴリー・デイヴィッド・ロバーツ『シャンタラム』田口俊樹訳(新潮社)

☆姜英淑『リナ』吉川凪訳(現代企画室)

☆パトリック・ネス『怪物はささやく』池田真紀子訳(あすなろ書房)

☆スコット・ウエスターフェルド『リヴァイアサン クジラと蒸気機関』小林美幸訳(早川書房)


★16位★ 3票

☆ジョセフ・オニール『ネザーランド』古屋美登里訳(早川書房)

☆レーモン・クノー『サリー・マーラ全集』中島万紀子訳(水声社)

☆J・M・クッツェー『遅い男』鴻巣友季子訳(早川書房)


★17位★ 2票

☆サーシャ・スタニシチ『兵士はどうやってグラモフォンを修理するか』浅井晶子訳(白水社)

☆エンリーケ・ビラ=マタス『ポータブル文学小史』木村榮一訳(平凡社)

☆ベルティーナ・ヘンリヒス『チェスをする女』中井珠子訳(筑摩書房)

☆マイケル・コックス『夜の真義を』 越前敏弥訳 (文藝春秋)

☆コリイ・ドクトロウ『リトル・ブラザー』金子浩訳(早川書房)

☆デニス・レヘイン『ムーンライト・マイル』鎌田三平訳(角川書店)

☆フレドゥン・キアンプール『この世の涯てまで、よろしく』酒寄進一訳(東京創元社)

☆ジョナサン・リテル『慈しみの女神たち 』菅野昭正、星埜守之、篠田勝英、有田英也訳(集英社)

☆キース・ドノヒュー『盗まれっ子』 田口俊樹訳(武田ランダムハウスジャパン)

☆ベルンハルト・シュリンク『週末』松永美穂訳(新潮社)

☆ハン・ガン『菜食主義者』きむ ふな訳(cuon)

☆ドン・ウィンズロウ『夜明けのパトロール』中山宥訳(角川書店)

☆トム・ロブ・スミス『エージェント6』田口俊樹訳(新潮社)

☆ジェフ・ニコルスン『装飾庭園殺人事件』風間賢二訳(扶桑社)

☆カトリーヌ・パンコール『ワニの黄色い目』高野優、池畑奈央子訳(早川書房)

☆マリーシャ・ペスル『転落少女と36の必読書』金原瑞人、野沢佳織訳(講談社)

☆イ・イナ『永遠なる帝国 』武田康二訳(文芸社)

☆エドワード・P・ジョーンズ『地図になかった世界』小澤英実訳(白水社)

☆キアラン・カーソン『トーイン クアルンゲの牛捕り』栩木伸明訳(東京創元社)

☆ロイ・ヴィカーズ『フィデリティ・ダヴの大仕事』平山雄一訳(国書刊行会)

☆J・G・バラード『千年紀の民 』 増田まもる訳 (東京創元社)


★18位★ 1票

☆クリス・クラッチャー『彼女のためにぼくができること』 西田登訳 (あかね書房)

☆ブーダディヴァ・ボース『駅舎にて』飛田野裕子訳(あかね書房)

☆ハ・ジン『すばらしい墜落』 立石光子訳 (白水社)

☆R・A・ラファティ『翼の贈りもの』井上央訳(青心社)

☆パトリック・ハミルトン『孤独の部屋』北川依子訳(新人物往来社)

☆ゲイル・キャリガー『アレクシア女史、倫敦で吸血鬼と戦う』川野靖子訳(早川書房)

☆ミシェル・ティー『ヴァレンシア・ストリート』西山敦子訳(太田出版)

☆パトリック・モディアノ『失われた時のカフェで』平中悠一訳(作品社)

☆ロバート・チャールズ・ウィルスン『クロノリス―時の碑―』茂木健訳(東京創元社)

☆ポール・ホフマン『神の左手』金原瑞人訳(講談社)

☆ミゲル・シフーコ『イルストラード』中野学而訳 (白水社)

☆アンドリュー・オヘイガン『マルチーズ犬マフとその友人マリリン・モンローの生活と意見 』佐藤由樹子訳(早川書房)

☆ウィリアム・K.クルーガー『闇の記憶 』野口百合子訳(講談社)

☆ローベルト・ヴァルザー『ローベルト・ヴァルザー作品集〈2〉助手』若林恵訳(ロゴス企画)

☆ヒラリー・マンテル『ウルフ・ホール』宇佐川晶子訳(早川書房)

☆ザッカリー・メイスン『オデュッセイアの失われた書』矢倉尚子訳(白水社)

☆ヘニング・マンケル『背後の足音』柳沢由実子訳(東京創元社)

☆アンドレア・ヴィターリ『オリーブも含めて』久保耕司訳(シーライトパブリッシング)

☆ジェデダイア・ベリー『探偵術マニュアル』黒原敏行訳(東京創元社)

☆ジェフ・ダイヤー『バット・ビューティフル』村上春樹訳(新潮社)

☆ファビオ・ジェーダ『海にはワニがい』飯田亮介訳(早川書房)

☆フランソワ・チェン『ティエンイの物語』辻由美訳(みすず書房)

☆ティツィアーノ・スカルパ『スターバト・マーテル』 中山エツコ訳 (河出書房新社)

☆S・J・ボルトン『三つの秘文字』法村里絵訳(東京創元社)

☆ローレンス・ブロック『殺し屋 最後の仕事』田口俊樹訳(二見書房)

☆ジャック・ヴァンス『奇跡なす者たち』浅倉久志、酒井昭伸訳(国書刊行会)

☆S・J・ローザン『シャンハイ・ムーン』直良和美訳(東京創元社)

☆ジェフリー・ディーヴァー『007 白紙委任状』池田真紀子訳 (文藝春秋)

☆ネルソン・デミル『ゲートハウス』白石朗訳 (講談社)

☆N・K・ジェミシン『空の都の神々は』佐田千織訳(早川書房)

☆アリー・コンディ『カッシアの物語』高橋啓訳(プレジデント社)

☆ユッシ・エーズラ・オールスン『特捜部Q ―キジ殺し―』吉田薫、福原美穂子訳(早川書房)

☆ウラジーミル・ナボコフ『カメラ・オブスクーラ』 貝澤哉訳(光文社)

☆レベッカ・ステッド『きみに出会うとき』ないとう ふみこ訳(東京創元社)

☆アリアナ・フランクリン『ロザムンドの死の迷宮』 吉澤康子訳 (東京創元社)

☆コーディ ・マクファディン『遺棄』長島水際訳(ヴィレッジブックス)