第7回Twitter文学賞(国内)

投票期間:2017年1月28日~2月5日

有効投票数:601

★第1位★ 32票

佐藤亜紀『吸血鬼』(講談社)

★第2位★ 29票

川上弘美『大きな鳥にさらわれないよう』(講談社)

★第3位★ 28票

堀江敏幸『その姿の消し方』(新潮社)

★第4位★ 27票

恩田陸『蜜蜂と遠雷』(幻冬舎)

★第5位★ 26票

飛浩隆『自生の夢』(河出書房新社)

★第7位★ 22票

長嶋有『三の隣は五号室』(中央公論新社)

★第8位★ 18票

津原泰水『エスカルゴ兄弟』(KADOKAWA)

★第9位★ 16票

津村記久子『浮遊霊ブラジル』(文藝春秋)

★第10位★ 14票

高原英理『不機嫌な姫とブルックナー団』(講談社)

★第11位★ 13票

☆山崎ナオコーラ『美しい距離』(文藝春秋)


★第12位★ 12票

☆村山早紀『桜風堂ものがたり』(PHP研究所)

☆北野勇作『カメリ』(河出書房新社)

☆町田康『ギケイキ―千年の流転』(河出書房新社)


★第13位★ 11票

☆崔実『ジニのパズル』(講談社)


★第14位★ 10票

☆奥泉光『ビビビ・ビ・バップ』(講談社)

☆松田青子『ワイルドフラワーの見えない一年』(河出書房新社)


★第15位★ 9票

☆山下澄人『壁抜けの谷』(中央公論新社)


★第16位★ 8票

☆宮内悠介『スペース金融道』(河出書房新社)

☆蓮實重彦『伯爵夫人』(新潮社)


★第17位★ 7票

☆木下古栗『グローバライズ』(河出書房新社)

☆古谷田奈月『リリース』(光文社)


★第18位★ 6票

☆松本匡代『石田三成の青春』(サンライズ出版)

☆村田沙耶香『コンビニ人間』(文藝春秋)

☆津原泰水『ヒッキーヒッキーシェイク』(幻冬舎)

☆平野啓一郎『マチネの終わりに』(毎日新聞出版)

☆真藤順丈『夜の淵をひと廻り』(KADOKAWA)


★第19位★ 5票

☆佐藤多佳子『明るい夜に出かけて』(新潮社)

☆松田青子『おばちゃんたちのいるところ―Where the Wild Ladies Are』(中央公論新社)

☆角田光代『坂の途中の家』(朝日新聞出版)

☆伊坂幸太郎『サブマリン』(講談社)


★第20位★ 4票

☆西加奈子『i(アイ) 』(ポプラ社)

☆朝井まかて『眩』(新潮社)

☆坂口恭平『現実宿り』(河出書房新社)

☆絲山秋子『小松とうさちゃん』(河出書房新社)

☆羽田圭介『コンテクスト・オブ・ザ・デッド』(講談社)

☆津島佑子『ジャッカ・ドフニ―海の記憶の物語』(集英社)

☆上田早夕里『夢みる葦笛』(光文社)

☆柞刈湯葉『横浜駅SF』(KADOKAWA)


★第21位★ 3票

☆米澤穂信『いまさら翼といわれても』(KADOKAWA)

☆中原昌也『軽率の曖昧な軽さ』(河出書房新社)

☆滝口悠生『死んでいない者』(文藝春秋)

☆小川糸『ツバキ文具店』(幻冬舎)

☆須賀しのぶ『また、桜の国で』(祥伝社)

☆森見登美彦『夜行』(小学館)

☆木内昇『よこまち余話』(中央公論新社)

☆木村友祐『野良ビトたちの燃え上がる肖像』(新潮社)

☆中村文則『私の消滅』(文藝春秋)


★第22位★ 2票

☆町屋良平『青が破れる』(河出書房新社)

☆彩瀬まる『朝が来るまでそばにいる』(新潮社)

☆山内マリコ『あのこは貴族』(集英社)

☆城平京『雨の日も神様と相撲を』(講談社)

☆上田岳弘『異郷の友人』(新潮社)

☆白井智之『おやすみ人面瘡』(KADOKAWA)

☆宮内悠介『彼女がエスパーだったころ』(講談社)

☆皆川博子『クロコダイル路地 〈1〉〈2〉』(講談社)

☆雪舟えま『恋シタイヨウ系』(中央公論新社)

☆川上弘美『このあたりの人たち Switch library』(スイッチ・パブリッシング)

☆若竹七海『静かな炎天』(文藝春秋)

☆冲方丁『十二人の死にたい子どもたち』(文藝春秋)

☆朝倉かすみ『少女奇譚 あたしたちは無敵』(KADOKAWA)

☆相沢沙呼『小説の神様』(講談社)

☆戌井昭人『酔狂市街戦』(扶桑社)

☆高村薫『土の記 〈上〉〈下〉』(新潮社)

☆塩田武士『罪の声』(講談社)

☆東山彰良『罪の終わり』(新潮社)

☆小川一水『天冥の標Ⅸ PART2』(早川書房)

☆前田司郎『道徳の時間/園児の血』(キノブックス)

☆青山文平『半席』(新潮社)

☆笙野頼子『ひょうすべの国―植民人喰い条約』(河出書房新社)

☆笹本祐一『放課後地球防衛軍〈1〉なぞの転校生』(早川書房)

☆垣根涼介『室町無頼』(新潮社)

☆彩瀬まる『やがて海へと届く』(講談社)

☆平山夢明『ヤギより上、猿より下』(文藝春秋)

☆門井慶喜『屋根をかける人』(KADOKAWA)

☆澤見彰『ヤマユリワラシ―遠野供養絵異聞』(早川書房)

☆いしいしんじ『よはひ』(集英社)

☆竹本健治『涙香迷宮』(講談社)


★第23位★ 1票

☆知念実希人『あなたのための誘拐』(祥伝社)

☆宮内悠介『アメリカ最後の実験』(新潮社)

☆安部龍太郎『家康 (一)自立篇』(幻冬舎)

☆門井慶喜『家康、江戸を建てる』(祥伝社)

☆木村友祐『イサの氾濫』(未来社)

☆本谷有希子『異類婚姻譚』(講談社)

☆人工知能学会編『AIと人類は共存できるか?―人工知能SFアンソロジー』(早川書房)

☆伊東潤『江戸を造った男』(朝日新聞出版)

☆鹿島田真希『選ばれし壊れ屋たち』(文藝春秋)

☆柏葉幸子『王様に恋した魔女』(講談社)

☆柚木麻子『奥様はクレイジーフルーツ』(文藝春秋)

☆橋本治『お春』(中央公論新社)

☆ほしおさなえ『活版印刷三日月堂 星たちの栞』(ポプラ社)

☆中島京子『彼女に関する十二章』(中央公論新社)

☆津島佑子『狩りの時代』(文藝春秋)

☆月村了衛『ガンルージュ』(文藝春秋)

☆一穂ミチ『きょうの日はさようなら』(集英社)

☆緒真坂『極北 私がいなくても、あなたがいれば』(櫻門書房)

☆水生大海『教室の灯りは謎の色』(KADOKAWA)

☆森川楓子『国芳猫草子 おひなとおこま』(宝島社)

☆西條奈加『刑罰0号』(徳間書店)

☆金原ひとみ『軽薄』(新潮社)

☆朱野帰子『賢者の石、売ります』(文藝春秋)

☆紅玉いづき『現代詩人探偵』(東京創元社)

☆木内昇『光炎の人 〈上〉〈下〉』(KADOKAWA)

☆桜庭一樹『GOSICK GREEN』(KADOKAWA)

☆藤沢周『サラバンド・サラバンダ』(新潮社)

☆岩城裕明『三丁目の地獄工場 』(KADOKAWA)

☆市川憂人『ジェリーフィッシュは凍らない』(東京創元社)

☆宮下奈都『静かな雨』(文藝春秋)

☆伊井直行『尻尾と心臓』(講談社)

☆保坂和志『地鳴き、小鳥みたいな』(講談社)

☆深町秋生『ショットガン・ロード』(朝日新聞出版)

☆福永信編『小説の家』(新潮社)

☆小路幸也『小説家の姉と』(宝島社)

☆京極夏彦『書楼弔堂炎昼』(集英社)

☆山下澄人『しんせかい』(新潮社)

☆古野まほろ『新任巡査』(新潮社)

☆綾辻行人『深泥丘奇談 〈続々〉』(KADOKAWA)

☆井上真偽『聖女の毒杯―その可能性はすでに考えた』(講談社)

☆鴨志田一『青春ブタ野郎はハツコイ少女の夢を見ない』(KADOKAWA)

☆谷川直子『世界一ありふれた答え』(河出書房新社)

☆木下昌輝『戦国24時―さいごの刻』(光文社)

☆西村賢太『蠕動で渉れ、汚泥の川を』(集英社)

☆朝倉かすみ『たそがれどきに見つけたもの』(講談社)

☆丸山正樹『漂う子』(河出書房新社)

☆多崎礼『血と霧 〈1〉〈2〉』(早川書房)

☆戸梶圭太『血祭り 』(文芸社)

☆法月綸太郎『挑戦者たち』(新潮社)

☆西條奈加『九十九藤』(集英社)

☆井上荒野『綴られる愛人』(集英社)

☆歌野晶午『Dの殺人事件、まことに恐ろしきは』(KADOKAWA)

☆綿矢りさ『手のひらの京』(新潮社)

☆金子薫『鳥打ちも夜更けには』(河出書房新社)

☆海猫沢めろん『夏の方舟』(KADOKAWA)

☆逸木裕『虹を待つ彼女』(KADOKAWA)

☆柳美里『ねこのおうち』(河出書房新社)

☆桐野夏生『バラカ』(集英社)

☆詠坂雄二『人ノ町』(新潮社)

☆田中啓文『風雲大坂城―鍋奉行犯科帳』(集英社)

☆松下隆一『二人ノ世界』(河出書房新社)

☆深田晃司『淵に立つ―Harmonium』(ポプラ社)

☆葉真中顕『ブラック・ドッグ』(講談社)

☆星野智幸『星野智幸コレクション〈2〉サークル』(人文書院)

☆岩瀬成子『マルの背中』(講談社)

☆朝倉かすみ『満潮』(光文社)

☆本城雅人『ミッドナイト・ジャーナル』(講談社)

☆宮部みゆき『三鬼―三島屋変調百物語四之続』(日本経済新聞出版社)

☆寺地はるな『ミナトホテルの裏庭には』(ポプラ社)

☆西條奈加『みやこさわぎ お蔦さんの神楽坂日記』(東京創元社)

☆李龍徳『報われない人間は永遠に報われない』(河出書房新社)

☆石川博品『メロディ・リリック・アイドル・マジック』(集英社)

☆尾崎世界観『祐介』(文藝春秋)

☆坂上秋成『夜を聴く者』(河出書房新社)

☆前野ひろみち『ランボー怒りの改新(星海社FICTIONS)』(講談社)

☆松井今朝子『料理通異聞』(幻冬舎)

☆いとうせいこう『我々の恋愛』(講談社)